Boy's Tree

MOON FACE BOYS, mono tone boy, Go to Bed! Records

We Shall Be Changed

 オリンピックの酒類提供問題…世論が非難轟々と見るやすぐに引っ込めたね。そりゃそうでしょうよ。がしかし上層部の気まぐれな決定に翻弄されっぱなしの、末端の方々の対応ぶりにこそむしろ同情してしまう。…そもそもオリンピック興行自体は、死線をかい潜ってでもブツんですね。
 
 モヤシ、タケノコ、カニカマ、玉ねぎなどにごま油、ナンプラー、塩コショウなどで下味を付けたものをお揚げの巾着にイン&チン。やっぱり億劫がらずにお揚げはフライパンで炙った方が香りも食感も良いようで。ナスとシメジはチンしてオリーブオイルと醤油をたらして攪拌、サバ缶とキャベツのトマトスープ、冷蔵庫に余していたホタテのネギ塩炒めをそのまま冷製で頂くなどした。
 

f:id:monomoon:20210622131006p:plain

 
 そういえば去る金曜日の晩は、仕事明けに久しぶりに友人と長電話しながら夜を明かしてしまった。会話に熱が入ってしまい、つい戸棚の片隅に眠っていた焼酎を取り出しては、水割りとソーダ割りを交互にくいくいと。気がつけば外は白々と朝を迎えていたのだった。こういう感じ久しぶりやな…はいいけど翌日はもちろん二日酔いである。
 起きぬけるともう昼近くになっており、午後はぼんやりとザ・マミィの公式チャンネルに上がっているネタを見るなどして過ごした。「金持ちの親子」「さかまる」「総理大臣」「金メダル」に小倉シリーズ…いずれも秀逸である。
 ロケーション自体は古典的とも言える安心感があるけど、独自の切り口が現代的だし、キャラクターの個性が光る描写とか、ふと漂う何とも言えない哀愁も好きだ。ハマってからの連チャンぶりとか突き抜けるものがあってさすがやな、としばし笑わせて頂いた。
 こちらのルームシェアするおじさん2名の会話劇もぐっとくる味わいがある。
 
・ザ・マミィ - ベストフレンド

 

 Cop Shoot Cop『Suck City EP』(1992年)。
 この梅雨時期に重苦しい曲でさらに重苦しい気分を助長するのもまた一興である。ギターレス、ベース×2名体制によるヒリついた90's NY産ジャンクサウンドが、本日のささくれて荒廃しきった私の心にすっと浸透しては潤いを与えてくれるのだった。この頭にも体にも確実に悪そうなケミカルカラーのアートワークといい10インチ4曲入りのEP構成といい…言うことなしである。このB級っぽいジャンクフード感がクセになるのよね。
 

f:id:monomoon:20210616165726p:plain

 
・Cop Shoot Cop – We Shall Be Changed

 

 
I believe in murder. I believe in pain. 
I believe cruelty and infidelity. 
I believe in slime, and stink, and in every crawling, putrid thing, 
Every possible ugliness and corruption, 
You son of a bitch!
 
 ご親切にもどなたかが同曲間奏での名文句サンプル元の「Exorcist III」(1990年)1シーンのリンクまで張ってくれているという。
 

 

 何もする気がしないや。もはや当Blogも積極的に更新する気になれず時系列もよくわからないことに。

Mr. Jolly Fucker

 冷凍餃子を焼いた。前回反省を生かしてか、なかなか悪くない焼き目をつけることに成功した。酢コショウと姜葱醤、花椒辣醤を混ぜながら頂いてみた。大根と海藻のサラダに冷やしトマトと。
 

f:id:monomoon:20210622130946p:plain


 Sleaford Mods『Mr. Jolly Fucker』(2014年)。
 梅雨時期で相変わらず体は重く、気も晴れない日が続いているが、このスカスカなチープ・ビートのくすぶり加減がなかなか気分なのだった。
 

f:id:monomoon:20210622130859p:plain

 
 この苦虫を噛み潰したシニカルな佇まいとか、The FallとかP.I.L.辺りに通じるような英国特有のポストパンク的センスも感じるけど、‘Who gives a fuck about yesterday’s heroes?‘(「Pubic Hair Ltd」)とあるように、あくまでも旧態依然とした権威主義的なものに唾を吐きかけて回るワーキングクラス・マナーぶりがなかなか痛快である。もはや不安になるくらい簡素なトラックにアンチ精神やユーモアなど感じられて好きだけど、英国ではグラストンベリーでパフォーマンスするほどまでに彼らが支持を集めたというのも興味深い。…がしかし一度人気が出てしまうとぼやき芸の矛先が鈍ってしまわないか、などという心配は単なる杞憂だろうか?
 ライブでもラップトップを開いてビール飲みながら揺れてるだけっていうビートメイカーのAndrew Fearnの存在感もええですね、どこか友人の某shibataに似てるんだよな。
 
・Sleaford Mods - Mr. Jolly Fucker

 

Take it down, there. Take it down, there. Camouflage. 
Humpty Dumpty. Crusades
Blood on the hands of working class rage
Jolly fucker! Jolly fucker! Jolly fucker! Mr Jolly Fucker!
 
 A面は気取ったパーティ・ピープルを、B面「Tweet Tweet Tweet」はSNSをそれぞれ槍玉にあげたナンバーのようで。英語圏の、とりわけ英国人だと固有名詞とかスラングなんかのニュアンスが伝わってより楽しめるんだろう。

Ghetto Lights

 一足お先に冷やし中華はじめてみました。うかつにも先日仕込んだチャーシューをまんまと乗せそびれてしまったけど。加熱したナスをごま油と中華だし、にんにくペーストなどで和えて水菜と混ぜ合わせたもの、ホタテと青ネギの塩ダレはミールキットが安くなってたので入手して、タコや小エビ、青ネギなどを足して炒め合わせた。
 

f:id:monomoon:20210618163548p:plain

 
 Eddy Detroit『Shock-a-Lock-a-Lickum』(2016年)を。
 去る今月15日にSublime FrequenciesのツイートでEddy Detroitの訃報を目にした。アリゾナを拠点に80年代よりSun City Girlsとも親交を深め、Sun City Girlsの非公式メンバー?としてライブにも客演するなどしていたようである。
 

f:id:monomoon:20210618163549p:plain

 
・Eddy Detroit - Ghetto Lights

 

 その前日にはSun City Girlsが80年代のEddy Detroit客演時の映像をfacebookで公開していると思ったら…。 Sun City Girlsをバックにしゃくり上げるこのEddy Detroitの在りし日の勇姿に思わず胸が熱くなるな。2007年に亡くなったCharles Gocherのドラムも拝める。1983年アリゾナでの野外公演の様子で、2コードで駆け抜ける演奏も最高である。
 はたまたSublime Frequenciesの弔辞ツイートでも彼をレーベルの「Patron Saints=守護神」であるとしており、現在に至るまでその長きに渡る親交の厚さも感じさせてぐっとくる。
 
f:id:monomoon:20210618175946p:plain
f:id:monomoon:20210618175950p:plain
 
 『Shock-a-Lock-a-Lickum』は1979〜2010年の間に録音された作品をコンパイルした編集盤といった内容で、Sublime FrequenciesにおいてAlan Bishopとも並んで中枢メンバーの一人であるHisham Mayetのレーベル=Assophon Recordsからのリリースで、リリース時は大好きでよく聴いていたものである。この一見楽天的で牧歌的な無国籍アシッド・フォーキーは明らかにSun City Girls(からSublime Frequenciesまで)の音楽の持つ空気感とも地続きなものを感じる。両者とも硬派なD.I.Y.パンク的な気骨を感じるし、一方では何ともうさん臭いカルトめいた禍々しさに満ちている。妙な柄のヘビにでもうっかり噛まれたかのようなある種の中毒性があり、一度深みにはまるとなかなか抜け出せない強烈な酩酊感を伴う。
   そしてweb上に遺された故人の写真がいずれも最高なんだが。ファン根性丸出しのNicoとの2ショットとか…。
 
f:id:monomoon:20210618163610p:plain
f:id:monomoon:20210618163605p:plain
f:id:monomoon:20210618163614p:plain
f:id:monomoon:20210618163600p:plain
 
 『Immortal Gods』(1982年)が好きでよく聴いたが、近年の録音もブレない内容が大変素晴らしい。この辺りのMVも普通に普通なのだが、何だかおかしくてつい何回も見返してしまう。
 
・Eddy Detroit - Street of Dreams

 

 R.I.P. Eddy Detroit(1952-2021)。
 奇しくも先述の田村一村画伯と同年齢の69歳で亡くなったようである、合掌。老いてなお好きなことして天寿をまっとうしたいものやね、とつくづく。

Summer

 先日伊勢丹内のギャラリー「えき」で開催されていた田中一村展を見るために、久しぶりに京都駅構内へと足を踏み入れたのだが、折しもビジネスパーソンや学生などの帰宅ラッシュで駅はカオティックな様相を呈していた。
 幸いにも現在京都の感染者数は減少傾向ではあるが、もはやコロナなど気にしては日常生活を送ってはゆけぬ、といったある種あきらめにも似た群衆の覚悟や開き直りの力強い発露を見る思いであった。中には医療従事者はじめエッセンシャルワーカーの方々も少なくなかろうし、改めてそのような方々の日々の功労のおかげで自分たちの生活基盤はあるな、とぼんやり考えた。駅構内を抜ければ、緊急事態宣言下で駅前の飲食店などはどこも早じまいですっかり活気を失っていた。
 
 田中一村展は去る6月頭に会期終了となってしまったが、ワーク後に駆け込みで鑑賞した甲斐のある充実の内容であった。
 明治生まれの日本画家で、ちょうど私が生まれた1977年に69歳で亡くなっている。美術学校も入学早々ドロップアウト、晩年まで墨絵作品が多いが、当初は南画家として一部で活躍が見込まれるも支援者らと相容れずオーセンティックな南画シーンからドロップアウト日展院展などにも引っかからず中央画壇からもドロップアウト…といったなかなかにアウトローな腐れる青年期を過ごしたようであるが、東京を離れてからは長きに渡って千葉を拠点に活動しており、50歳になって奄美大島へ電撃移住されたという経歴の持ち主である。
 

f:id:monomoon:20210617180932p:plain

 
 作品の横に展示されていた画伯のバラックのような貸家住まいや、痩せ細った故人の写真などを見るにつけ、成功やビッグマネーなどとはついぞ縁のない晩年だったようだが、作品はますます研ぎ澄まされて独自性を帯びていったように感じられた。
 いよいよしがらみがなくなったのか、故人の愛した南国の鳥や自然などをモチーフにして好きなものを自由に描いているせいか、のびのびした南国風土とも相まっては見る者をいい塩梅で和ませてくれる。古風で精緻な筆画タッチで描かれた亜熱帯地方の自然風景や動植物の線や色彩などが、今となっては何とも独特なエキゾ・トロピカル感を宿しており静かで平和な気持ちになった。
 
f:id:monomoon:20210618093955p:plain
f:id:monomoon:20210618093950p:plain

f:id:monomoon:20210618094252p:plain

 

 絵画に限らずアート全般は当然衆目にさらされる以上、誰しも賞や名声を得ることこそはひとつの到達点であり、一般的にもそれが「成功」と見なされるのだろうが、例えばもし一村氏が若くして成功していたとしたら、このような作風には行きついただろうか? とも考えてしまった。
 とりあえずこんな柄のアロハシャツはほしいな、なんて。
 

 

 キャベツと豚肉のカレー炒め、には先日ユーゲで入手した「からくないカレー粉」に新顔の「青麻辣醤」で辛味を加えて。クミンシードの香りも立ってナイスであった。タコとハマチを水菜とトマトにオンしてマリネ・サラダ風に頂いた。残り物の鶏と根菜の煮物も召喚した。
 

f:id:monomoon:20210616165732p:plain

f:id:monomoon:20210618085855p:plain
f:id:monomoon:20210618085849p:plain
 
 Wheat『Medeiros』(1997年)を。
 このCDともすっかり付き合いが長くなり、リリース時に入手した際には某PILのメタル・ボックスよろしくピカピカだったケースは今やすっかり錆びたりくすんだりしてしまったが、この経年劣化こそ愛おしいではないか。
 
f:id:monomoon:20210617180910p:plain
f:id:monomoon:20210617180917p:plain
 
 何よりもこのスローとシンプルさに貫かれたメロウ・サウンドこそは自分の中では一向に古びない。スローモーションで泣きながら走っているかのような歌声…この人間の弱み全開の隙だらけ感は一体何なのだろう?
 当時はより地味な方地味な方へと…そりゃもう派手なら敵くらいの勢いでパーソナルな私家版インディミュージックへと傾倒していたが、今となっては様々な異なる立場による様々な価値観の多様性こそが面白いと思える。自分もまた齢を重ねたということだろうか?
 とにかく今でもたまにふと聴きたくなる、ホタルのようにささやかな光を微弱に放つ名曲ばかりがしたためられた名盤であると個人的には思う。
 
 がしかし苦言を呈すならば、このバンドは他にも数枚アルバムを出しているが、個人的には以降のアルバムにはこのアルバムのような魅力は希薄である、と言わざるをえない。次作『Hope & Adams』では、プロデューサーに当時引っ張りダコであったMercury RevDave Fridmannを起用し、ここ日本でも流通されたり後に映画のサントラにも起用されたんだったか。今となっては何曲か好きな曲こそあるものの、その華やかな意匠が施されたサウンドには当時心底ガッカリしたものだった。魔法が解けてしまったというか…以降は凡庸なテクノポップに移行するなど更なる迷走を続け、目も当てられなくなり果てた。もはやそこには自分が親近感を感じたような初期の素朴な味わいなど見る影もなくなっていたのである。
 
・Wheat - Summer

 
Hey kid, it's summer again
Grow your hair and let your muscles show through
You've been sleeping all summer long
 
 文字通りホタルみたいにひと夏のはかない光だったわけで…だからこそ稀少な一瞬をとらえることこそ録音作品の醍醐味とも思える。知らんけどね。

Make Me Sad

 本日は終日あいにくの雨模様である。バス通勤時にタイムフリーで聴いた三四郎のANN0は、落合くんの「水の音を水に当てて」のやり取りの下りがツボに入ってしまい、つり革に捕まりながら終始一人プルプルと小刻みに震えていた。今回も地階のシャワーを浴びただけの内容でひと際ゆるさとバカバカしさが光る回やったな。スペシャルウィークの生瀬氏と宮川氏にフラれての喉押さえマンのご登場も今から楽しみである。
 Rocket Newsサイトを拝見して即購入した初Bluetoothイヤホン(¥1,100)なかなか悪くない。…ああデフレ経済社会に生きているこのしみじみとした実感よ。

 
 おからパウダーで作った和風おろしハンバーグ、鶏と根菜の煮物、切り干し大根サラダ、ハマチのお造りはポン酢で頂いた。先日Blogを見たバンドメンバーから口を揃えて「食べ過ぎ」との指摘を頂いたが、なるほどそうかもしれない。外界との接触もめっきり減って久しく、いよいよ一人前の量の目安もよくわからなくなっている節がある。
 それはそうと煮物に忍ばせた実山椒がまたしてもええ仕事をしておジーンとくるのだった。
 

f:id:monomoon:20210616165945p:plain

 
 Vic Godard & Subway Sect『What’s The Matter Boy?』(1980年)。
 この薄ら哀愁漂いまくりのパブロックが最高に沁みる愛聴盤である。かつて中古で入手した手元の盤は、おそらく見本盤ないしは非公式再発盤だろうか。
 

f:id:monomoon:20210616165719p:plain

 
 Vic Godardの艶やかな歌に、思わずじんわり濡れてしまうこの梅雨時期なんです。Subway Sectのガリガリしたシンプル直球なガレージサウンドもバッチリである。そう大きからぬパブなぞで濃いめのウィスキーソーダなんかを嗜みながら、シュワっと弾ける兄貴テイストなライブを楽しみたいバンドの筆頭だなや(遠い目)。特にこのコロナ禍においてはその思いもまたひとしおである。
 …そしてさらに願わくば、アルバムラストをしめやかに飾るこちらの珠玉の名ナンバーに心おきなく体を揺らし、一緒にシンガロングするなどしたいものである。
 
・Vic Godard & Subway Sect - Make Me Sad

 
I can hear you crying
I wish it were me
I can see you dying
I wish it were me
Make me sad again

メキシコの花嫁

 今年もアイスコーヒーの季節がやってきた。豆も浅煎りから深煎りへ。
  

f:id:monomoon:20210615183445p:plain

 日曜日は久しぶりにカメイ邸にてオーバーダブ作業。
 

f:id:monomoon:20210615183511p:plain

 
 その前にそうめんを頂いたり。
 

f:id:monomoon:20210615183435p:plain

 その合間に手土産のロールケーキを頂いたり。
 

f:id:monomoon:20210615183520p:plain

 その後には炊き込みご飯のおにぎりとだし巻き卵を頂いたりするなど。
  

f:id:monomoon:20210615183529p:plain

 
 諸々大変美味しかったのは結構なのだが…肝心の録音作業の一向にはかどらないことと言ったら。お喋りしている間にあれよと日も暮れてあえなく散会となったのだった、チーン。こんな日もあるさ、と。
 
 移動の道すがら、まっつん氏のカーステからはマコメロジー『マコメンタリー』(2012年)、Ida『Tellings The Simple Machines Years 1994-1997』(2008年)などが流れていた。ドラマーにも関わらず、こういったフォーキーで唄心あるグループを好んで聴くまっつん氏なのであった。ちなみに同車内ではSmogやSugar Babeなんかもよく流れがちである。
 
 マコメロジーはnan!kaのマコ氏とAndersensの米氏によるデュオだが、『マコメンタリー』にはお二人の微笑ましい掛け合いや間合いの妙が克明に記録されており、時間を経てもなお良い作品やな。ささやかで飾り気ない生成り感やほころびもまたホッと和む。ちなみに米氏は学生時代一つ下のサークルの後輩でもある。折からのコロナ禍により、昨年の正月以来関東にも帰っていないが、友人たちはお元気でやっておられるだろうか? 彼女たちがもしアメリカに住んでいたら、Simple MachinesかK Records辺りから作品がリリースされていたかもしれないが、リリース元の鳥獣虫魚/七針オーナーの林谷氏もまた功労者であると思う。
 Idaも上記にどこか通じる空気感もありやなしや知らんけど、とにかくここ最近のバンドにはついぞあまり聴けなくなったような音楽(当たり前だけど)がこうして録音作品として残っていることは貴重やな、と。Idaも改めてじっくり聴き直したい次第である。
 
・マコメロジー - メキシコの花嫁(Live)

  
彼女が一粒 涙こぼすと
地球の裏側で 花が咲く

彼女が笑い声を 立てると
地球の裏側で 蝶が飛ぶ

さようなら メキシコの花嫁
 
 ひょんなことから他人が作ってくれたご飯や、他人が選んだ音楽などが妙に人肌感(←まっつんのだけど)や意外性などを感じて嬉しく感じる昨今である。

Genius of Love

 イワシの缶詰とブロッコリを中心に冷蔵庫の中で弱りかけていた食材類を炒め合わせて麻婆風に味付けしてみた。先日仕込んだばかりの山椒を忍ばせてみたところ、大変新鮮で香りが良く舌が心地よくシビれた。トマトに豆腐チーズとオリーブオイルをオン、ナスをチンしてごま油と酢、花椒辣醤を和えて、根菜とワカメのスープなどと頂いた。レンジでチャーシューも仕込んでみたので味見がてら。バラ肉ブロックに調味料を混ぜ入れて片面7分ずつレンチンするだけで簡単ウマである。
 

f:id:monomoon:20210611181446p:plain

 
 自分がされて嫌なことは他人にしない、ということを個人個人が心がけるだけでも、案外イジメや戦争ってなくなるんじゃなかろうか? なくなってほしいものである。
 某パソナ会長のように弱者の犠牲の上に成り立つ一部の選民思想はもはや時代錯誤もいいところで、このような人間が長きに渡って政財界で幅を利かせてきたがために、この国が世界的に見ても、いかに貧しい国になり果てたことか…今回のオリンピックの一件で思い知らされるようである。
 
 Tom Tom ClubTom Tom Club』(1981年)をの。
 これこれ、これですよ。こういうのがいいんですよ。全てが完璧である。大好きだ。
 Tina WeymouthとChris FrantzというTalking Headsのリズム・セクションにしてご夫婦による愛の結晶=Tom Tom Clubである。シンプルでハッピーで愛らしくて思わず頬がゆるむ、というものである。
 

f:id:monomoon:20210611181456p:plain

 
 前年『Remain In Light』とのコントラストも大変興味深い。片や陰、片や陽の『Tom Tom Club』というか。と同時に、ブラック・ミュージックの影響かワンリフだけで押し通すミニマルな展開など、特に同時期作である両者の共通点も多いように感じるな。実際に『Stop Maiking Sense』の中でもDavid Byrneが中座してTom Tom Clubのライブが始まるシーンがあるが、これがまた大変素晴らしい内容で、はたまた箸休めとしても絶妙なアクセントなのである。T. Headsというバンド内の多様性や層の厚さを見る思いだ、音はあんなにペラペラのスカスカなのに。
 77年のRamonesとT. Headsのヨーロッパツアー時に、Johnny Ramoneは現地のレタスの種類の多さやストーン・ヘンジにも戸惑ったそうだが、同じくT. WeymouthがバスでかけるJames Brownのテープにも頭を抱えてしまった、というエピソードも好きだ。
 
Tom Tom Club - Genius of Love

 

What you gonna do when you get out of jail?
I'm gonna have some fun
What do you consider fun?
Fun, natural fun
 
 JBはもちろんのこと、Bootsy Collins、Smokey Robinson、Kurtis Blow、Bob Marley、Sly & Robbieなど…ご夫妻の愛するブラック・ミュージックの大家達の固有名詞がリスペクトを込めて多く登場する。自分の世代だとMariah Carey「Fantasy」(1995年)でのサンプリングがおなじみ過ぎである。本当に街中あちこちでかかってた。
 

Tom Tom Club - NPR Music Tiny Desk Concert

 

 2010年当時好きだったアコースティック・ライブも久しぶりに拝見してみた。
 お2人ともエエ齢の重ね方してはりますな、サングラス越しにも終始ニコニコなのが伝わるChris Frantzのムードがまたナイスである。そして今となってはこの密な感じが羨ましくもあり。
 
 先週見た『American Utopia』に端を発してTalking Headsを聴き直したりした1週間であったが…最終的にはTom Tom Clubって素晴らしいなってことでひとつ。